子供のおもちゃの梱包

引越しの見積書をチェックしてみると、案外ダンボール以外の梱包資材費用が高くついていることが少なくありません。ダンボールは無料でプレゼント、もしくはレンタル、と言う引越し業者さんはたくさんありますが、引越しで必要な梱包資材はダンボール以外にもたくさんあります。
特に子供のおもちゃは壊れやすく複雑な形をしているものも多いので、梱包費用が結構かかるケースが珍しくありません。ですからもし運ぶおもちゃが多いようなら、梱包費用を別途請求する引越し会社よりもオール込みでやってくれるところ、もしくはリーズナブルな費用で梱包資材を提供してくれる業者さんを探しましょう。
もちろん自分たちで新聞紙やタオルなどを使って荷造りすることも可能ですが、グラスなどの割れ物と同じように梱包時はおもちゃ自体の1.5倍から2倍の大きさになり予想以上に荷物が多くなることも。
子供部屋や子供のおもちゃの梱包はできるだけ早く対策を考えましょう。親御さんは捨てるつもりで本人も捨てることを許可していても、引越し当日になって「やっぱり取っておく!」と泣き出すケースもよくあります。引越し当日の混乱を避ける為にも捨てるおもちゃがある場合、当日より前に処分してしまいましょう。
また自転車に関してはオプション費用が取られるところとそうでないところに分かれますが、三輪車に関しても一応どのように運ぶのか、有料なのか無料なのか引越し見積もりではチェックしましょう。複雑な形状の上ダンボールに入らない大きさなので、自転車同様引越し業者さんによってはオプション費用が発生するようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事関連ページ

「運がよくなるお引越し」
引越し見積もり前は引越し節約術など、引越し関連の情報満載の本でしっかり知識を増やしたいものですが、実は引越しガイドと並び開運系、風水系の引越しブックも絶大な人気を集めています。例えば今回ご紹介する「... 「運がよくなるお引越し」の続きを読む>
「節約博士のトクトク探検 引越し大作戦」
引越し見積もりを取る前に、一度引越しに求めているものを整理しましょう。快適な引越しを求めている場合はオプションサービスが充実している引越し会社の見積もり、とにかく費用を安く抑えたいなら費用重視で業者... 「節約博士のトクトク探検 引越し大作戦」の続きを読む>
「ひとり暮らし、はじめました」
引越し見積もり前の読書では、是非引越し関連の本を呼んで知識を増やしたいものですよね。単身引越しを予定しているなら「ひとり暮らし、はじめました-引越し準備からトラブル解決まで、困った時に役立つラクチン... 「ひとり暮らし、はじめました」の続きを読む>

このページの先頭へ戻る